シシナム御嶽のガジュマル

シシナム御嶽のガジュマル

※名称や樹木の状態は、宮古島市より提出していただいた資料を元に掲載しております。
御嶽などの名称については、再調査しており、結果については後日当HPにて公開いたします。(令和3年9月6日)

 

 

 生息地は「シシナム御嶽」と呼ばれ、年数回の祭りを行っていたが、年長者の減少に伴い、拝む人も少なくなっている。

 以前はフクギなどの巨木も隣接して生えていたが、今は無く、このガジュマルは、神木として守られてきたことにより残り、子供たちの遊び場となっている。

 現在も地域から守られており、「平良市(当時)の老木・巨木」の指定も受けていた。   地上1.8mの高さから幹が分かれ、枝葉は17~23mも広がっている。

認定番号019
認定年度平成14年度
樹種ガジュマル
樹高12.0m
幹周6.3m
推定樹齢不明
所在地宮古島市平良字西里344
緯度・経度24.8037869_125.283877
所有者不明
その他樹齢や所有者はわかっていないが、地域の人によって保護され、親しまれている